とりあえずSUUMOカウンターに行ってみてわかったこと①

家づくり

新築マンションの見学を機に、家を買うことも選択肢として考え始めました。
家を買うとした場合、何から手をつけていいんだろうか。
これまで全く考えていなかった為、とりあえずWebでリサーチするも、
新築vs賃貸、マンションvs戸建て、などの情報が踊っています。
書いてある内容はわかるけど、結局どうしたらよいのか。。
誰かに相談したいけど、周りに家を買っている人も多くありません。

ということで、近くのSUUMOカウンターに来てみました。賃貸探しにSUUMOは使っていましたが、リアル店舗でカウンターがあるのはあまり意識したこととがありませんでした。
新築マンションは見学したことで雰囲気仕様はなんとなくわかったし、Webで調べれば相場感は大体わかる。SUUMOでは未知である注文住宅について聞いてみました。

特にアポは取っていませんでしたが、注文住宅に興味がある旨を伝えると空いている担当者の方が対応いただきました。
ご希望のハウスメーカーはありますか?工法に在来工法?ツーバイフォー?断熱仕様は?空調は?そしてご予算は?
ハウスメーカーはCMで聞いことがあるような会社しか知りませんでした。各社の特徴の説明やパンフレットをもらいましたが、やはり住宅展示場で見てみないことには始まらないと分かりました。とはいえ、闇雲に訪問しても途方も無い時間がかかります。
僕の予算にハマるレンジのメーカーの中から選ぶことを考えました。
ネットで得た知識から、各社の坪単価を聞き予算感を伝えたところ、
いくつかのハウスメーカーと工務店を紹介されました。現在も同じかどうかはわかりませんが、

SUUMOカウンターを使うメリットとしては、
ハウスメーカー側が中堅以上の担当者をマッチングしアサインしてくれる
先方もこれをアピールしていましたが、あとから僕も良かった実感した点です。
住宅展示場にアポなし(特に土日)で訪れると、新人レベルの担当者がアサインされることが多いです。
中堅担当はすでに顧客を抱えており、展示場内で設計打ち合わせなど入っているみたいなんですよね。
その為か、顧客がまだついていない若手がアポなし客にはつけられる傾向があるように感じました。見学だけならまだいいですが、僕の所感だと最初に担当した担当者が、後々見積もりや契約の段階でも担当者としてアサインされます。
変えてくれとお願いすればいいのかもしれませんが、家さがしにおいて、メーカー以上に自分の担当者の方は結構重要な人物となります。
やっぱり最後は人だと思います。
ただ当然ビジネスですので、ハウスメーカー側は紹介料を払っているでしょうし、その費用も巡って僕たちの住宅費用に転嫁されているのかなと思いました。

それでも一度にいろんなメーカーの情報が手に入り、打ち合わせ調整までを タダでして遅れる点は有用だと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました