建売物件を見学して感じたメリット・デメリット

家づくり

新築戸建ての選択を考え始めました。
SUUMOカウンターで注文住宅メーカーについていくつか紹介してもらいましたが、戸建てに住むイメージとして建売物件を見始めました。

FPにて大体の予算感は掴めました。一旦の僕の予算としては、「現在の賃貸物件の家賃(月額)(+駐車場代)≒ローン返済額(月額)」としました。 
もちろん住宅ローンを借りる前提で考えていました。
頭金や返済プランによってかなりぶれますが、精緻な返済シミュレーションは後でやるとして、頭金10%、変動35年、ボーナス無で置いてみました。 

まずは希望エリアの不動産屋に訪問します。そこで希望条件を伝えます。
1.予算は、現在家賃=月額ローン返済額
2.間取りは、3LDK以上&駐車場付き
3.立地は、駅徒歩15分以内 
色々と物件資料を出してもらい、早速物件見学をしました。
完成物件が見れるのでだいぶイメージが湧き、家を買うモチベーションが高まりました。
新築建売受託を内覧して僕が感じたメリデメは以下のとおりです。  

【メリット】
①完成物件を見れるので住んだあとのイメージが湧きやすい。
②完成価格が決まっているので変動要素が少ない。
③引き渡しまでのリードタイムが短い。 

【デメリット】
①細部に拘ると中々希望物件が出てこない。
②優良物件は早いもの勝ち。
③仲介手数料が取られる。 

【メリット】①完成物件を見れるので住んだあとのイメージが湧きやすい。
注文住宅は住宅展示場では見学をすることができますが、
如何せん僕のような普通のリーマンが建てられるような家ではありません。。
その点、建売住宅は外構含め完成している物件が多く、細部まで確認してから購入することができるのが最大のメリットかと思いました。 

②完成価格が決まっているので変動要素が少ない。
注文住宅は拘れば拘るほど予算は青天井。
半注文住宅のようにパターンオーダーができるプランも多くありますが、
建売は完成額が大凡FIXしている為、予算に応じて選択がしやすいです。 

③引き渡しまでのリードタイムが短い。
金融期間や登記手続きさえ住めば即入居OKの物件も多いです。
早く入居したい方や建築中の借家費用が勿体無いと感じる方にはメリットです。 

【デメリット】①細部に拘ると中々希望物件が出てこない。
時期やエリア、条件にもよりますが、中々希望物件に巡り会えないことがあります。
また希望条件は8割満たしているが、内装2割がどうしても妥協しないといけないケースなどもありました。
そういった場合は入居後にリフォームする手段も視野に入れると良いかと思います。
僕の場合も駐車場2台スペースを有する建売物件を見学しましたが、正直2台もいらないし、
小さい庭スペースにリフォームすることを考えていました。 

②優良物件は早いもの勝ち。
複数区画が一斉に売りに出されるようなケースは一番良いと思う物件て、
皆さん一緒なんですよね。そういったすぐ決まってしまいます。
また、値引きも期待できないケースが多いかと思います。 

③仲介手数料が取られる。
不動産屋経由で紹介を受けたケースなどは仲介手数料が、物件の何%かかかるケースが多いです。 売り主直販の物件ですとかからない場合が多いのでそういった物件を狙うのもありかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました