【子連れキャンパー】キャンプ場の選び方 3つのポイント

キャンプ場

元々キャンプをやっており、当時はグループキャンプやキャンプフェスなんかにも行っていましたが、子どもができたことですっかりキャンプスタイルや変化し、ギアも一新しました。
キャンプ場も子どもが楽しめるか、安全か、というような観点で探すようになりました。

僕は都内在住で、子ども(幼児)2人がいます。
子連れキャンプをするときのキャンプ場選びについてご紹介したいと思います。
これからキャンプを始める方も、子連れキャンパーになられた方へも参考になれば嬉しいです。

メンバー構成のポイント

僕の場合は、子どもが小さいためグループキャンプを前提にしています。
その場合のメンバー構成が重要だと思っています。
キャンプ場では火や刃物も扱いますし、他のキャンパーの方もいらっしゃいますので、
子どものから目が話せません。機動力を考えてもまず子ども1人につき、大人1人以上の構成に
なるようになるべく考えています。
子どもの年齢にもよりますが1:1の割合だとサイト設営時など、大人の人手が足りずに結構つらかったりしました。
もし初心者の方がキャンプをしたい場合は、まずはグループキャンプをおすすめします。

立地場所のポイント

自宅から90分を目安にキャンプ場を探しています。 車移動になりますが、2時間超だと幼児は辛いですし、行きも早朝に出る必要があり生活リズムが崩れてしまいますので90分を目安にしています。 都内からだと、千葉、神奈川、静岡方面によく行きます。

キャンプサイトのポイント

オートサイトは必須で考えています。
キャンプ場によってはサイトのすぐ近くに駐車スペースが確保されているケースもありますが、
大人だけで大量のギアを運び出すことになるため、オートサイトにしています。
やむを得ず、駐車場からサイトが離れているキャンプ場の場合は、ギア運搬用に
ワゴンカートも持っていっています。

また、キャンプ場は川沿いや林間など色々とあり、そのときによって行きたい場所を選んでいますが、初心者の方にまずおすすめなのは芝生の牧場系のサイトです。
以下のメリットがあると考えています。
・芝生のため、ペグが刺さりやすく設営がしやすい。
・芝生のため、寝るときに体が痛くならない。
・死角が少ないため、子どもたちをよく見れる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました